性病(性感染症)とは、性行為により感染する病気

性行為を通じて感染する病気を性病、性感染症と言います。

病原体は、細菌、ウィルス、原虫などが性器等に感染し発症するのです。

ようこちゃんようこちゃん

最近、友達が性病かもしれないって悩んでるみたいなの…

けんじ君けんじ君

性病ってどういう病気のことを言うの?

STD博士STD博士

昔は性病というのは、梅毒など限られた4種類のことを呼んでいたんだよ。今では性感染症と呼ばれて、種類もたくさん見つかっているんだ。性的接触により感染するものが性感染症なんだけれど、輸血などで感染する場合や身体の中に元々ある菌が増えてしまうものも性感染症に含まれているよ。

ようこちゃんようこちゃん

友達は、おりものが増えて嫌な匂いがするって言うんだけど

けんじ君けんじ君

性病の症状ってどんなものがあるんですか?

STD博士STD博士

性感染症の症状は病気によってそれぞれ特徴があるんだ。女性の場合、おりものが増えたり色や匂いが変わったり、性器の痒みや痛みがでたりすることもあるよ

けんじ君けんじ君

男性はどんな症状が出るんですか?

STD博士STD博士

排尿するときに痛みがあったり、性器から膿がでたりすることもあるし、イボのようなものができることもあるよ。全く症状が出ないのに感染しているという場合もあるから注意が必要だね

ようこちゃんようこちゃん

博士、性病は性器にだけ症状がでるんですか?

STD博士STD博士

そんなことはないよ。多くの性病はオーラルセックスによって口やのどにも感染するんだ。梅毒のように、潜伏期間があってある時期になってから身体に色のついた発疹が見られることもあるし、エイズの初期症状は風邪にとてもよく似ているから発見が遅れることも多いんだよ

けんじ君けんじ君

性感染症になったかもしれない、と思ったらどうすればいいんですか?

STD博士STD博士


気になる症状があったらすぐに検査を受けることだね。病院へ行くことに抵抗があるのなら、検査キットを購入して調べてもらうこともできるよ。でも感染がわかったらすぐに病院で治療を受けなくてはいけないね

ようこちゃんようこちゃん

私、検査を受けるように、友達にすすめてみます!

STD博士STD博士

性病は症状が少ない事が多いので、検査をしないとわかりません!

性病の種類

病原体が細菌
クラミジア・淋病(淋菌感染症)・カンジダ・梅毒
病原体がウィルス
エイズ・HIV感染症・ヘルペス・HPV(子宮けいがん)・B型肝炎ウィルス・C型肝炎ウィルス
病原体が原虫
トリコモナス

これらの性病にはそれぞれ症状がありますが、どの症状もはっきりとした自覚症状が無いので、感染に気づかずに性行為に及び感染を広げるケースが多く存在します。

性病の症状

検査

特定のパートナーがいる場合は、片方が感染すると治療をしても完治前に感染させ、治療後もまたパートナーから感染してしまう、お互いに感染させるピンポン現象となる場合があるので検査も治療も二人でされることをおすすめします。

性病を放置すると感染部位が他の臓器へ拡大する上行感染と呼ばれる状態になり、男女ともに不妊の原因となるので早期発見、早期治療に努めましょう。

出典:(STD検査キット販売サイト)

若者の性行動

高校生の妊娠と避妊

ある調査では高校生3年生でのセックスを経験している確率は約50%であるとされます。

2人に1人がセックスを経験しているにも関わらず病期や妊娠などのリスクを避ける知識を得ているわけではありません。

セックスした後に妊娠していることがわかり人工妊娠中絶をする人や中絶できずに出産している例も多くあります。

高校生が妊娠してしまった場合は出産するか中絶するかを自分で判断することは難しく相談相手が必要ですが、現状では友人やパ恋人しか相談できず未熟な者同士で悩みを相談し合っています。

妊娠して中絶することで人生の負担や体にダメージを残すのは女子なので、保護者や教師がこれらのリスクについて教育する必要があります。

問題点

  • 誰が妊娠させたかわからないことがある。
  • 相手の年齢が若く職業についていないことがある。多い経済的に不安定である
  • 学校の通学ができなくなる。
  • 母親としての自覚が無い。

人工妊娠中絶とその影響

初期中絶
妊娠12週未満までに堕胎することを初期中絶といいますが、この時期は胎盤が未だ形成されておらず内容物も少ないので中絶術も比較的容易で処置の時間も短く、出血も少ないので負担が少なく済むことが多いです。

体へのダメージが少ないので中絶をする場合は初期中絶をするべきです。

中期中絶
妊娠12週から22週未満の堕胎を中期中絶といいますが、この時期の胎児は発育し、胎盤も形成されて妊娠の安定期に入っているので、人工的に流産をさせるには手間がかかり身体的にも精神的にも経済的にも大きな負担が大きくなります。

人工妊娠中絶をした場合のダメージには直接障害と後遺症があります。

直接障害
子宮頸部や体部の損傷、出血、感染、内容物の遺残、麻酔による障害
後遺症
習慣流産、子宮外妊娠、前置胎盤、不妊症、妊娠障害、分娩時の癒着胎盤による出血、不正出血、月経異常

避妊法

生理のサイクルが安定していると排卵日を確認することは容易ですが、思春期は月経が不規則で無排卵であることもあり性周期が確立してないので基礎体温法やオギノ式は有効ではありません。

妊娠に至った場合も相手との婚姻にならない場合がほとんどなので避妊を確実にすることは必要です。

経口避妊薬やコンドームの使用は、避妊にはとても有効な手段で男性のコンドーム使用は高校生の避妊法としては正しい使い方を理解すれば最適な方法と言えます。

避妊方法のメリットとデメリット

コンドーム

どのようなものか?
ゴム製の袋でペニスを包むことで子の腟内への侵入を防ぐ
使用方法
ペニスが勃起したら装着し、射精後は速やかに捨てる
メリット
入手が簡単でコストも安価で性感染症の予防もできる
デメリット
コンドームの破損や脱落で避妊に失敗する。勃起しないと使用できない。

子宮内避妊器具法(IUD)

どのようなものか?
子宮内にこの器具を装着し受精卵の着床を阻害する。
使用方法
医師が子宮口から器具を挿入し半年~1年ごとに装着状態を確認する
メリット
服用の手間もいらず高い避妊効果がある
デメリット
医師の受診が必要である。自己管理ができない。ときに自然に外れることがある。

経口避妊薬(低用量ピル)

どのようなものか?
合成の卵胞ホルモンと黄体ホルモンにより性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、排卵を抑制し、子宮内膜の委縮、子宮頸管粘液の変化により避妊させる
使用方法
3週間服用し、1週間休薬を繰り返す。
メリット
正しい服用すれば確実な避妊効果がある。
デメリット
医師の受診が必要で、授乳期には使用できない。

緊急避妊法

どのようなものか?
大量の卵胞ホルモンにより、排卵の抑制と受精卵の着床を防ぐ
使用方法
性交後72時間以内にレボノルゲストレル錠を2錠服用する。
メリット
性交直後に効果がある唯一の方法で、バリア法の失敗、性的暴行による妊娠を防ぐための方法として推奨できる。
デメリット
72時間以内に医師の受診が必要で既に妊娠している場合は使えない。

特集記事

HIV関連記事