『これからのSTD』について

コラム

こんにちは。
これからのSTDを運営しているやまねこです。
このwebメディアは、日常では敬遠されがちな性感染症(STD,STI)について、なるべくわかりやすく記事を書いています。

  • 検査に行く時間がない
  • 本当のことを知るのが怖い
  • 自分はきっと大丈夫
  • 誰にもバレずに検査したい

人間に悩みはつきものですが、日常では目に見えずらい性のことに関しては、どこの誰に相談していいかよくわからないものです。
 
かつては死の病と恐れられたHIVウイルス感染も、適切な処方を行うことで普段の日常生活を送ることができます。
性感染症は、そのほとんどにおいて自然治癒することがありません。
特にHIVウイルス感染に関しては、大丈夫だろうと放置していたらエイズ発症、長期の入院。
なんてことになりかねません。
性感染症を治さないと、精神的余裕・健康・お金・時間がなくなっていきます。
 
ガンを代表としたどんな病気でもそうですが、
性感染症においても早期発見がとても大事になってきます。
あなたの性に対する知識と、一歩を踏み出すためのきっかけづくりを、これからのSTDで提供できたらと思っています。

やまねこの自己紹介

福岡に住んでる20代です。
学生の頃はいろんな国々を飛び回ったりと、ずいぶんやんちゃをしてきました。
もしかしたら…。
と何度も不安が頭をよぎり、2年以上検査をしなかったのですが、結婚を考えるパートナーができ、将来のことを考えてHIV等の性感染症検査をしました。
結果はすベて陰性。(感染なし)
 
ホッとしたと同時に、同じように不安を抱えて苦しんでいる人、そして陽性反応がでてどうしたらいいのかわからない人がいることに気づき、このサイトを立ち上げました。
身近には、学生の頃とても仲良くしていた友達にHIV感染者がいます。
彼は、

「おれは運がよかった」

といっていました。
早期発見できたこと、きちんとした薬を飲めば健常者と同じ生活ができること、その他さまざまな気づきがあってのひとことだったのでしょう。
エイズを発症した人も、

「HIV感染者に対してこんなに手厚い制度があるなら、はやく検査を受けるべきだった」

といっている方もいます。
性感染症に対する偏見をなくし、正しい知識を持ってほしい。
人ごとではなく自分ごととして、このwebメディアを運営していきますので、どうぞよろしくお願いします。

コラム
wildcatをフォローする
あなたの安心のための、プライベート検査
タイトルとURLをコピーしました