ようこちゃん

HIVの母子感染について、私は女性なので気になります

STD博士

そうだね。HIVウィルスの母子感染についてすこし説明しよう

ようこちゃん

妊娠したときHIV感染していても、出産できるの?

STD博士

出産は可能だよ。妊娠初期には血液検査がおこなわれるから、そこで感染がわかる場合が多いね。初期にわかれば、対策をとって感染しにくくすることができるんだ

ようこちゃん

どんな対策が必要なんですか?

STD博士

薬を飲むことと、帝王切開で生むこと、そして赤ちゃんに母乳を与えないことだよ。HIVウィルスに感染していることに気づかず出産すると、約30%の確率で母子感染してしまうけれど、適切な対策を講じれば感染率は1%以下になり、感染する可能性はほとんどなくなるんだ

ようこちゃん

母乳を与えない、とか薬を飲むこと、は理解できるけど、どうして帝王切開が必要なのですか?

STD博士

この場合の帝王切開手術は、計画的におこなわれるんだ。緊急時の手術としての帝王切開ではなく、陣痛を起こさないうちに赤ちゃんを取り出すための手術なんだよ

ようこちゃん

陣痛が起きるのが良くないのですか?

STD博士

陣痛がはじまると、胎盤が子宮からはがれ始めるんだ。すると胎盤からの出血があり、あかちゃんにHIVウィルスが感染してしまう可能性が増えるんだよ。計画した帝王切開手術で生まれた赤ちゃんの感染率は1%未満なのに対し、普通に陣痛を起こして自然分娩した場合の感染率は20%前後にもなってしまうんだ

まさお君

もし僕が父親だったら、HIV感染している母親から赤ちゃんが生まれることに、とても不安を感じるなあ…

STD博士

そうだね。HIV感染の心配をしながらの妊娠出産は決して楽しいものではないだろうね。若い人たちには性交で感染しやすいのが性病としてのHIVだから、妊娠を望まないのであればきちんとコンドームをつけることが大切だね。妊娠を望んでいるカップルならば、念のためふたりとも検査を受けておくのもいいかもしれないね